五橋整骨院・整体院のスタッフ

院長 石川晴輝

柔道整復師(赤門柔整鍼灸専門学校卒)

古川工業高校電子科、日本競輪学校

スタッフ 堀篭 麻衣子

鍼灸師(赤門柔整鍼灸専門学校卒)多賀城高校卒(バレー部)、宮城学院女子大学(日本文学科)


競輪選手だった私が開院するまで



【登米の自転車フリーク】

 

私の生まれは伊豆沼のほど近く、

宮城県登米郡(現:登米市)迫町新田の農家です。


自転車は高校(古川工業高校電子科)から始めました。

朝、牛の世話をしてから学校までの片道約25㎞を自転車通学、

部活で40~60㎞の練習、

そして家へ自転車で帰り夕食を済ませるとすぐに就寝、

そんな”自転車バカ”な毎日を送っていました。

【競輪デビューと師匠との出会い】

 

卒業後も自転車を続けたくて競輪選手を志しました。プロデビューを果たしましたが、しばらくしてから腰椎ヘルニアに。

あまりの痛みに練習ができず一時は引退も考えた程でした。今思えばデビュー直後の20歳の時に虫垂炎(盲腸)の手術をして、術後の無理な練習が祟ったのです。病院を転々としましたが結局治らず、当時住んでいたアパート近くの治療院に藁をもすがる思いで通院しました。これが師匠である齊藤先生との出会いです。

その後現役に復帰し、32歳で引退するまでA級で4回の優勝を果たすことができました。

【治療家を決意】

 

31歳の時に先生から「自分の経験を生かして治療家になったらいいのでは」と話を頂きました。まだまだ現役の競輪選手でしたが、治療をすることにに興味を持ち始めていましたので、一念発起し、赤門鍼灸柔整専門学校・柔整科の受験を決意、当時、小学校入学の長女に「同じ一年生だね。」と言われました。これを機に自転車一筋の生活を引退し、学校に通いながら5年間修業を続け、開業、現在に至ります。

【地域1番の技術で治療】


最近では痛みが取れた後の体質改善のために”バランスダイエット”、”ぽかぽか療法”を取り入れ2007年5月からは指名ができる新コース導入と、皆様の健康を守るため新しいことにチャレンジしております。 これからも地域一番の技術を持って皆様の治療にあたります。どうぞ末永くご愛顧宜しくお願いします。


実際の治療

動画のご紹介

2014.04月「肘圧筋膜整体について」(院長インタビュー)
2014.04月「日々の治療や近況、思い」(エフエム太白ラジオトーク)
2013.08月「頭痛の原因は体の歪みでした」(患者様の声と院長コメント)
2013.06月「妊娠中、産前産後の腰痛を楽に。」(院長インタビュー)
2012.08月「痛みは生活の赤信号」(院長インタビュー)



コリと痛みを元から治療・土日も診療

〒984-0053
仙台市若林区連坊小路128 オバラハウス1F

電話/022-211-8220

院長携帯/090-3648-6428

イセ八幡整体院

022-398-7838

(八幡生協2F)

ひがしぐち整体院

022-295-5883

(仙台駅東口)

肘圧筋膜整体について

秋の腰痛は夏場の内蔵の疲れ